2016年10月10日

横濱JAZZ PROMENADE 2016 【2日目】

10月9日日曜日、今日は何とかお天気が持ちそうです

昨日は中止になってしまった屋外の街角ライブ、午前中は中止になってしまったところもあるようですが
ほとんどの会場では予定通りに開催できました。
やはりジャズプロは街にジャズが流れていないとね

さて昨日に引き続き、今日もボランティアスタッフとして出動です
2日目は撤収作業という裏方としては一番の山場を迎えます。
夕方になるとぼちぼち終演を迎える会場が出てきます。
ひとつひとつ巡って後片付け。

IMG_8675[1].JPG

看板、筆記用具、絨毯、フラッグ、レインコートなどなど
会場で出たごみも分別して持ち帰ります。

IMG_8672[1].JPG

事務所に持ち帰った備品は来年のジャズプロムナードに備え、大切に収納されます。

今年はあまりお天気に恵まれませんでしたが、屋内会場やジャズクラブでは入場規制がかかるほどの盛況ぶりでした。
横浜赤レンガ倉庫では、ドイツビールの祭典オクトーバーフェスト
http://www.yokohama-akarenga.jp/oktoberfest2016/

横浜スタジアムでは、「ハマスタBAYビアガーデン」http://www.baystars.co.jp/news/2016/10/1003_01.php 

それぞれ開かれていることもあり、横浜を満喫されたたくさんのお客様が町のお宿 静浜にもお泊りくださいました。
数ある街の中から横浜を選んでくださった方々、お越しくださいましてありがとうございました
posted by こまち at 13:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | 横濱ジャズプロムナード | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

横濱JAZZ PROMENADE 2016 【1日目】

10月8日土曜日、横濱ジャズプロムナード2016の1日目が始まりました

IMG_8661[1].JPG

今年は朝から雨
残念ながら屋外で行われる街角ライブはすべて中止になってしまいました。
知り合いのミュージシャンたちも出演予定だったのですが、突然の中止にガッカリしておりました。
まあ、自然現象だもの。仕方ありません

さて、ボランティアスタッフとして私も午後から出動しました

私の役目は配送係
かれこれ8年目になります。

ジャズプロの各会場に備品を届けたり、終演後の楽器を回収に行ったり。
1日目の立ち上げ作業と2日目の撤収作業を除いては、基本的にヒマな平和な部署です。
それ以外では、現場で緊急で足りないものがあったらすぐに持ってこーい
とお呼びがかかるまではひたすら事務所待機です。
現場配置になればお客様と触れ合う機会もあるわけですが、配送係は裏方に徹します。
縁の下の力持ちってやつです
毎年現場配置の希望を出しているのですが

IMG_8658[1].JPG

午後からは晴れてきました

IMG_8663[1].JPG
でも、屋外街角ライブは中止のまま。

配送業務で街を巡っても今年は静か

やっぱり街角ライブがないと、ジャズプロって気がしないよねえ
横浜にジャズが流れていなけりゃジャズの街じゃないじゃん

なんてお客様のボヤキも聞こえてきました

それでもパンフレットを片手に、屋内会場やジャズクラブを巡り歩かれるお客様をたくさん見かけました。
屋内会場は立ち見席しかなくなるほどの盛況ぶりだったようです
2日目は屋外ライブができることを願いつつ

posted by こまち at 00:23| 神奈川 ☁| Comment(0) | 横濱ジャズプロムナード | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

祝你好运 d(゚-^*)

10月になりました
少しずつ涼しくなっていく日々、どこからか漂う金木犀の香りに、今年もあと3か月かあ・・・
とセンチメンタルになりがちですが。

この秋から新しい生活をスタートさせる方々もいらっしゃいます
「出会いの春」という言葉があるように、日本では新生活というと春というイメージがあります。
いっぽう海の向こうの国や地域では、学校生活においては秋から新学期が始まります

日本の大学に留学に来たという中国から女性のお客様が、町のお宿 静浜にお泊りになりました。

IMG_8650.JPG

初めての一人旅ということでしたが、なんとも親切な日本人女性がいらっしゃいまして、
羽田空港から町のお宿 静浜まで、中国からの彼女を連れてきてくださいました
お互い全く面識はなく、たまたま空港で知り合ったばかりだそうですが、
心配のあまり羽田から横浜まで一緒に来たとのこと。

いやはや、なかなかできることではありません
初めての一人旅、それも右も左もわからぬ異国の地。
寂しさと心細さに涙ぐんでいた中国の彼女を、その日本の女性は優しく包み込んでおりました
きっと一生忘れることのできない日本との出会いになったでしょう。

一夜明けた今朝、大きなスーツケースを抱えて彼女は大学の寮へ向かって行きました
中国は四川省の成都からいらっしゃったとのことで、チェックアウトの際に現地の名物料理である火鍋の素をいただきました。
(これ大好きなんです


かれこれ20年近く前、私も留学のため単身で異国の地に降り立ちました。
その時の緊張感、心細さは一生忘れることはありません。
戸惑いながらも一生懸命自分の意思を伝えようとする彼女は
まるで若いころの自分を見ているようでした。

その流した涙はいつか笑って振り返ることができます。
笑顔の素敵な彼女でしたが、もしかしたらその笑顔が消えてしまう出来事も時にはあるかもしれません。
でも、その先にあるモノを掴んでいただきたいのです。
あなたの眼で見て体で感じるもの、それはテレビや本の中の出来事ではなく、リアルな日本の姿です。
異国での生活を通じて、自分の祖国の良さに改めて気が付くこともあるでしょう。
ぜひあなただけの日本、あなただけの物語を作りあげてください。
世界数ある国々の中から日本を留学先として選んでくれて、本当にありがとう


ラベル: お客様の声
posted by こまち at 21:19| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日常業務 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。