2016年12月11日

横浜市中央卸売市場 【青果部】

町のお宿 静浜から歩いて20分ほど
全国からの農産物水産物が集まる横浜市中央卸売市場があります。

IMG_8997.JPG

横浜市経済局が管轄する公営の卸売市場。
横浜マラソンのフルマラソン折り返し地点でもある南部市場と区別する意味で「本場」と呼ばれていましたが、南部市場は平成27年3月に廃止、民営化されています。

IMG_9006.JPG

道路を挟んで、青果部と水産物部に分かれています。
水産物部は、毎月第1、第3土曜日に一般開放されていますが、青果部は普段は入ることができません。

先日、横浜の地産地消に関するセミナーに参加しまして、横浜中央卸売市場の青果部を見学することができましたので、内部の様子を少しご紹介いたします。

IMG_9005.JPG

IMG_9014.JPG

ぎっしり並べられた野菜や果物の箱たち
ボヤボヤしてるとフォークリフトに轢かれます

IMG_9008.JPG

季節柄みかんが多かったですね

IMG_9017.JPG

こちらはセリ場。
セリが行われるのは早朝ですので、見学した日中は静まり返っています

手前にある荷車は「ネコ」と呼ばれるそうですが、なぜネコなのか??
最近は電動車やフォークリフトに取って代わられることが多いのですが、
昔の職人さんが手作りした「ネコ」は頑丈に出来てるので何十年も使えるそうです

IMG_9024.JPG

横浜産の野菜もあります
これはカブ。

港町のイメージが強い横浜ですが、農業も盛んなのですよ

例えば、
・小松菜 収穫量全国第1位
・カリフラワー 第8位
・キャベツ 第10位
横浜市 環境創造局ウェブサイトより)

静浜のお土産付きプランで提供しているシフォンケーキも、もちろん横浜産のお米や野菜を使っています

IMG_9049.JPG

市場のすぐそばにはJRの高島貨物線が走っています。
昔は市場の内部まで引き込み線が引かれ、北海道からのジャガイモなどを貨車から降ろしていたそうですが、現在は駐車場になっています。

IMG_9046.JPG

貨物輸送は鉄道よりもトラックが中心になりましたからねえ
この日も北海道発の貨物列車で運ばれて来た鉄道コンテナから玉ねぎを降ろしていました。

724f6a1a-c312-4bd2-9830-3ef533204a60.jpg

これだけ玉ねぎが集まると、倉庫中に玉ねぎの香りが・・・

IMG_9068.JPG

市場の裏側は海。
横浜中央卸売市場が開設されたのは昭和6年のこと。
この場所が選ばれた理由の一つに、船で運びやすいということがあったそうですが、それから85年が経過した現在は埋め立てが進み、みなとみらいが造成され、さらには臨港幹線道路も通っております。

【水産物部】編に続きます。


posted by こまち at 19:25| 神奈川 ☁| Comment(0) | 横浜のイベント | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

鶴屋橋 その2

横浜駅きた西口から町のお宿 静浜へ来られるお客様が渡るであろう鶴屋橋。
平成30年の竣工に向けて架け替え工事中なのは前回のブログでお知らせしたとおりでございます。

如何せん殺風景ですので、さっさと渡ってしまう方がほとんどだと思いますが、この下を流れている川

IMG_8136.JPG

「帷子川分水路」と言います。
「帷子川」と書いて「かたびらがわ」と読みます。
本流のほうには、アゴヒゲアザラシのタマちゃんが一時期住み着いておりました。
覚えている方、いらっしゃいますかね

↓タマちゃん(Wikipediaより)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93


IMG_8190.JPG

鶴屋橋から見下ろす帷子川分水路
カルガモがやって来ました

少し川の中を観察してみましょう


IMG_8576.JPG

スズキ
成長するほどに呼び名が変わる出世魚です
地域によって異なるようですが、このあたりの関東ですと、
セイゴ → フッコ → スズキ
てな感じです。
釣り人の間ではシーバスとも呼ばれておりますね。
たまに川縁で釣竿を振っていらっしゃる方がおりますが、この魚狙いです。
夏が旬の高級魚ではありますが、こんな都会のど真ん中にも住んでいます。
ここの下流のを釣って食べたことがありますが、実に都会的かつ工業的な風味がいたしました

IMG_8632.JPG

ボラ
海水から淡水まで、きれいな海からドブ川まで、どんな環境でも生きていけるオールマイティーな魚
夜など暗い水面を覗いてキラキラと光るものを見かけましたら、正体はコイツです。
画像にもあるようにキラリと光ります。
魚体からかなりの芳香を発するため、釣り人にはずいぶん敬遠されているボラですが、きれいな海に生息するものは、白身の大変美味しい魚なのですよ
(ここのは食べられません


IMG_8651.JPG

コイ
分水路であまり見かけることはありませんが、本流にはたくさんおります。
エサをあげる方が多いためか、よく人に懐いておりますよ


IMG_8116.JPG

カメ
また誰かが飼いきれなくなって放したミドリガメか
と思いきや、クサガメのようです。

IMG_8590.JPG

今日の横浜は雪
東京地方で11月に雪が降るのは54年ぶりだそうです。
どうぞ皆様、暖かくしてお出かけくださいませ
posted by こまち at 16:01| 神奈川 ☁| Comment(0) | 横浜の自然 | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

鶴屋橋

町のお宿 静浜は、横浜駅きた西口から歩いて3分。
横浜駅から来られるお客様のほとんどが渡って来られる鶴屋橋
現在は架け替え工事が行われておりまして、2年後の平成30年には完成する予定です。

IMG_8944.JPG

この架け替え工事ですが、仮設橋への切り替え工事が頻繁に行われておりまして、そのたびにルートが微妙に変わるため、道に迷われるお客様がいらっしゃいます。
道が分からなくなったらナビ致しますので、ご遠慮なくご連絡くださいませ

町のお宿 静浜のある鶴屋町は、横浜市が進める再開発計画「エキサイトよこはま22」の真っただ中にあり、至る所で工事が行われております

http://www.city.yokohama.lg.jp/toshi/tosai/excite/

IMG_7481.JPG

街がきれいになるのは地元住民として喜ばしいことなのですが、過渡期という理由もあるにせよ、現在の街がゴミゴミとしているのは隠しようがありません

先日町のお宿 静浜にいらっしゃったお客様、ご出身が横浜で現在は関西にお住まいとのこと。
新幹線で来られたのですが、新横浜駅と横浜駅の街の差に愕然としたそうです。

新横浜があんなに立派なのに、本来の玄関口である横浜がこれではあまりにみっともない

と嘆いておられました

東海道新幹線開業当初はこだま号しか停まらなかった新横浜駅
現在では全列車が停車するようになり、数年後には横浜駅を通らずして東京都心と直結する新しい鉄道路線が開通します
そうなると、横浜駅は空洞化するのでは・・・
なんて声もちらほら聞かれる今日この頃。

IMG_8945.JPG

日本のサグラダファミリアとも呼ばれる横浜駅
いちおう4年後には完成の予定でございます
posted by こまち at 17:34| 神奈川 ☁| Comment(0) | 横浜の自然 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。