2017年05月09日

東急東京メトロパスで行く東京の旅 【地下鉄博物館】

たいめいけんさんでお腹を満たした後は、引き続き東急東京メトロパスを使いまして、日本橋駅から東西線に乗って葛西駅へ向かいます

IMG_9937.jpg

地下鉄博物館
http://www.chikahaku.jp/
葛西駅のすぐ隣、東西線のガード下にあります。
入館料も大人210円、こども100円とお手頃です。
男の子だったらきっと血が騒ぐ施設に違いない

IMG_9940.jpg

東京地下鉄道1000形電車
昭和2年の銀座線(当時は東京地下鉄道)上野-浅草間の開業に伴って製造された車両

IMG_9976.jpg

間接照明の車内灯がオシャレです
照明の光が乗客の目に直接入らないようにするための配慮なんだとか。

この東京地下鉄道1000形電車、国の重要文化財に指定されているため車内に立ち入ることはできません。
窓越しに眺めるだけにしましょう

IMG_9965.jpg

東京高速鉄道100形電車
銀座線は当初、浅草-新橋は東京地下鉄道、新橋-渋谷は東京高速鉄道とそれぞれ別会社によって運営され、相互乗り入れを行っていました。
こちらは東京高速鉄道が製造した車両。

運転台からは台車とモーターを操作できるようになっています。

IMG_9959.jpg

右側がブレーキ、左側がアクセルに相当する主幹制御器
ブレーキハンドルを左方向に回すとブレーキが緩み、主幹制御器を左方向に回すとモーターが回り始めます。

IMG_9964.jpg

100型の車内
丸い車内灯がかわいらしいですが、現代の車両と違って乗務員室が左端だけなんですね。
その分、右側の席は鉄道マニア垂涎の場所となりそう

IMG_9950.jpg

つい先日まで走っていた銀座線01系のくびちょんぱ

平成29年3月で現役から引退しました。
登場したのは昭和58年ともう30年以上前なのですが、いつまでも古さを感じさせない車両でした

IMG_9948.jpg

01系運転席
右側のブレーキ、左側の主幹制御器と、ハンドルの形状は変わったものの配置は100型と同じ。

IMG_9927.jpg

こちらは現在の銀座線車両である1000系
初代車両を踏襲したデザインですね

IMG_9943.jpg

営団300形電車
丸ノ内線の初代車両です。
丸ノ内線というとこの赤い車両を連想される方も多いのではないでしょうか

IMG_9970.jpg

IMG_9973.jpg

IMG_9975.jpg

現代の車両のような無機質な化粧板で装飾された車内ではない。
サーモンピンクのペンキがベタ塗りされた車内には、どこか暖か味が感じられます。
この車両には冷房が付いておらず、トンネル内を冷房で冷やし窓を開けることによって冷気を取り込むという「トンネル冷房」という方式が採られていました

IMG_9967.jpg

千代田線6000系
シミュレーター用に作られたモックアップです。

IMG_9966.jpg

シミュレーターは千代田線のほかにも、銀座線、有楽町線、東西線がありました。
運転方法は係の方が丁寧に教えてくださいますよ

このあと有楽町線のシミュレーターを体験しましたが、各駅でオーバーランしまくり



posted by こまち at 15:45| 神奈川 | Comment(0) | 鉄道ネタ | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

鶴見線で巡る緑のスタンプラリー(海芝浦駅→入船公園→弁天橋駅→国道)

鶴見線で巡る緑のスタンプラリー(鶴見駅→海芝浦駅)からの続き。

IMG_9691.jpg

鶴見からの折り返し電車で、次のチェックポイント入船公園最寄りの浅野駅へ向かいます。
この電車を逃すと次は2時間後
それまで駅から一歩も出ることができませんのでご注意ください。

IMG_9694.jpgIMG_9693.jpg

入船公園のチェックポイントで参加賞をいただきました

公園では桜とチューリップがお出迎えしてくださいます

IMG_9695.jpg

IMG_9700.jpg

IMG_9698.jpg

桜は5分咲き
ブルーシートを広げてお花見を楽しむ方々もいらっしゃいました。

IMG_9701.jpg

IMG_9707.jpg

IMG_9706.jpg

公園のすぐそばは、鶴見産業道路と首都高速横羽線が走っています
まさに工業地帯のオアシス

IMG_9712.jpg

次のチェックポイント、弁天橋駅
かわいらしい駅舎ですが、すぐ隣には鉄鋼会社の近代的なゲートがそびえたっています。

IMG_9713.jpg

IMG_9714.jpg

構内踏切や手書きの案内板が残っていたり、都会を走る路線といえども、鶴見線はどこかのんびりした空気が流れています。

IMG_9718.jpg

国道駅
鶴見線はもともと「鶴見臨港鉄道」という私鉄として開通したこともあり、旧国鉄やJRのものとは雰囲気が異なります。

IMG_9730.jpg

IMG_9722.jpg

ドラマのロケにも使われる、昭和5年の駅開業からほとんど手が加えられていない構内とガード下。
落下する鳩の糞にご注意ください
戦時中の機銃掃射の痕がそのまま残っていたり・・・

IMG_9728.jpg

鶴見駅以外は無人駅なので、交通系ICカードで利用する場合は簡易改札機にカードをタッチすることをお忘れなく。
紙の切符の場合は券売機で購入、使い終わった切符は鉄製の回収箱に入れてください。

IMG_9724.jpg

国道駅の駅名由来は、そのものずばり「国道」と交差しているから

鶴見線で巡る緑のスタンプラリーは、2017年4月9日日曜日までの開催です。
鶴見線は都会のローカル線といわれるように、京浜工業地帯を走る通勤路線でありながらなんとなくまったりとした雰囲気
沿線には貨物の廃線を活用した遊歩道などもあります。
スタンプラリー開催期間外でも十分に楽しめるかと思います。

朝夕の通勤時間帯は電車が頻繁にやって来ますが、日中は基本的に20~30分に1本の間隔。
行先や区間によっては数時間以上も開くことがあります。
駅と駅の間があまり長くないので、健脚の方は沿線を歩くのもアリですね
ただし、海芝浦駅だけは民間企業の敷地内にあるため、電車以外でのアクセスはできませんのでご注意を
posted by こまち at 15:04| 神奈川 | Comment(0) | 鉄道ネタ | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

鶴見線で巡る緑のスタンプラリー(鶴見駅→海芝浦駅)

町のお宿 静浜最寄りである横浜駅から京浜東北線に乗ること10分
京浜工業地帯をのんびり走る鶴見線は鶴見駅から発車します。

IMG_9666.jpg

鶴見線を走る205系
3両編成です

IMG_9732.jpg

詳しい方なら分かるかと思いますが、この205系はいわゆる「小窓ドア」
東京都心をぐるぐる回る山手線を走っていた車両です

IMG_9690.jpg

鶴見線で巡る緑のスタンプラリー
http://www.city.yokohama.lg.jp/tsurumi/kanko/midokoro/tr-ryokkafair.html
3月25日から6月3日まで行われている第33回全国都市緑化よこはまフェアの関連イベントです。
鶴見線沿線に設けられた5か所のチェックポイントを巡る無料スタンプラリー
鶴見駅と浅野駅近くにある入船公園のチェックポイントを含む3か所を制覇すると、記念品がもらえます。

IMG_9668.jpg

鶴見線沿線にはさまざまな工場が林立していることもあり、朝夕のラッシュ時間帯は数分おきの電車が走っていますが、日中は閑散としたダイヤ
始発の鶴見駅を除き、途中は全て無人駅です。

IMG_9670.jpg

電車はひたすら工業地帯を進みます

IMG_9677.jpg

海芝浦駅へ向かう電車は、浅野駅を過ぎると京浜運河に沿って走ります。

IMG_9681.jpg

鶴見線には枝線がいくつか出ておりまして、そのうちの終点のひとつ海芝浦

IMG_9680.jpg

海に一番近い駅ということで、関東の駅百選の認定駅でもあります。

なお、この海芝浦駅は民間企業の敷地内にあるため、会社関係者以外は改札口の外に出ることができません。
駅から一歩も出られないなんてそんなアホな

IMG_9682.jpg

IMG_9689.jpg

という方のために、駅の先には自由に出入りできる公園が設けられています

IMG_9686.jpg

正面にでかでかと見えるのは、鶴見つばさ橋

この右側に、横浜ベイブリッジが続きます。
つばさ橋とベイブリッジが同時に見える場所ってなかなかありませんよ

このつばさ橋の下は、鶴見航路といういわば船の道路が通っています。
この鶴見航路を境として、橋の左側が川崎港、右側が横浜港です。

現在つばさ橋の上には首都高速湾岸線が走っています。
計画では、この横にもう一本同じ形の橋を並列して建設し、国道357号線が通ることになっていますが、
生きているうちに長大並列橋としてのつばさ橋の姿を見ることができるのだろうか

次回以降に続きます。


posted by こまち at 20:10| 神奈川 ☀| Comment(0) | 鉄道ネタ | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。