2016年12月30日

横浜市中央卸売市場 【水産物部】

町のお宿 静浜から歩いて20分ほど
全国からの農産物水産物が集まる横浜市中央卸売市場があります。

IMG_9142.jpg

前回のブログで紹介した青果部の対面にある水産物部
毎月第1、第3土曜日の午前9時から一般開放されており、市場内にある仲卸店では魚介類を安く購入できるほか、マグロ解体ショーやお料理教室など様々なイベントが行われています。

IMG_9087.jpg

IMG_9196.jpg

IMG_9083.jpg

お正月前の一般開放ということもあり、食材を仕入れる人々でいっぱいでした。

IMG_9071.jpg

こちらは無料でふるまわれる魚河岸汁。
タラだったり、アンコウだったり、中身は毎回異なります。

IMG_9143.jpg

こちらも無料で試食できた横浜産のワカメ。
なんと八景島シーパラダイスの沖で育ったそうですよ

IMG_9089.jpg

スズキのカルパッチョ
前々回のブログで紹介したこの魚です。
勿論このスズキはキレイな海で獲れたものですからねッ

IMG_9088.jpg

市場で働く人々の胃袋を満たす食堂街でございます
こちらは一般公開時でなくとも誰でも利用することができます。
どのお店も安いうえにボリュームもすごいときたものですから、イベント時にはごらんのように大行列。

IMG_9139.jpg

毎回大人気の市場探検隊、無料先着順です。
普段入ることができない場所を市場の方が案内してくださいます。

IMG_9186.jpg

昼間なのでがらんとしています
卸売市場が活気付くのは未明から早朝。
その時間帯になると、ここに魚介類がびっしりと並ぶそうです。

IMG_9177.jpg

IMG_9185.jpg

活魚水槽の中には、江戸前のアナゴがおりました。

IMG_9173.jpg

IMG_9183.jpg

横浜市金沢区の小柴漁港で水揚げされたアナゴは、横浜の隠れた名物ですよ
http://www.pride-fish.jp/JPF/pref/detail.php?pk=1410413144
先ほどの市場食堂でも味わうことができます。

IMG_9188.jpg

IMG_9193.jpg

そしてこちらは、マグロの競り場。

IMG_9156.jpg

冷凍倉庫の中へも案内してくださいました。
中は氷点下40度

IMG_9167.jpg

IMG_9168.jpg

IMG_9159.jpg

IMG_9161.jpg

カチンコチンになったマグロがストックされております。

IMG_9149.jpg

こちらは、発泡スチロール再生処理場

IMG_9150.jpg

IMG_9152.jpg

市場内で不要になった発泡スチロールを機械で粉々に砕き、板状に加工します。

IMG_9154.jpg

板状になった発泡スチロールは海外に輸出され、プラスチックのおもちゃや雑貨として蘇るんだとか
きちんとリサイクルされているんですね

IMG_9199.jpg

市場の裏には、のんびりした海辺が広がっています
昔の横浜はどこもこんな感じだったような気がします。


・ハマの市場を楽しもう(市場市民開放)
~横浜市中央卸売市場本場 水産物部の魚食普及活動~ 
開放日時 毎月第一 ・ 第三土曜日
午前9:00~午前11:00
http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shogyo/orosi/topics/gyoshokufukyu.html
横浜駅東口からバスで10分、歩くのが好きな方は横浜駅から30分もあれば充分です。
健脚の方には良いお散歩にもなりますよ
posted by こまち at 00:25| 神奈川 | Comment(0) | 横浜のイベント | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。