2017年05月09日

東急東京メトロパスで行く東京の旅 【地下鉄博物館】

たいめいけんさんでお腹を満たした後は、引き続き東急東京メトロパスを使いまして、日本橋駅から東西線に乗って葛西駅へ向かいます

IMG_9937.jpg

地下鉄博物館
http://www.chikahaku.jp/
葛西駅のすぐ隣、東西線のガード下にあります。
入館料も大人210円、こども100円とお手頃です。
男の子だったらきっと血が騒ぐ施設に違いない

IMG_9940.jpg

東京地下鉄道1000形電車
昭和2年の銀座線(当時は東京地下鉄道)上野-浅草間の開業に伴って製造された車両

IMG_9976.jpg

間接照明の車内灯がオシャレです
照明の光が乗客の目に直接入らないようにするための配慮なんだとか。

この東京地下鉄道1000形電車、国の重要文化財に指定されているため車内に立ち入ることはできません。
窓越しに眺めるだけにしましょう

IMG_9965.jpg

東京高速鉄道100形電車
銀座線は当初、浅草-新橋は東京地下鉄道、新橋-渋谷は東京高速鉄道とそれぞれ別会社によって運営され、相互乗り入れを行っていました。
こちらは東京高速鉄道が製造した車両。

運転台からは台車とモーターを操作できるようになっています。

IMG_9959.jpg

右側がブレーキ、左側がアクセルに相当する主幹制御器
ブレーキハンドルを左方向に回すとブレーキが緩み、主幹制御器を左方向に回すとモーターが回り始めます。

IMG_9964.jpg

100型の車内
丸い車内灯がかわいらしいですが、現代の車両と違って乗務員室が左端だけなんですね。
その分、右側の席は鉄道マニア垂涎の場所となりそう

IMG_9950.jpg

つい先日まで走っていた銀座線01系のくびちょんぱ

平成29年3月で現役から引退しました。
登場したのは昭和58年ともう30年以上前なのですが、いつまでも古さを感じさせない車両でした

IMG_9948.jpg

01系運転席
右側のブレーキ、左側の主幹制御器と、ハンドルの形状は変わったものの配置は100型と同じ。

IMG_9927.jpg

こちらは現在の銀座線車両である1000系
初代車両を踏襲したデザインですね

IMG_9943.jpg

営団300形電車
丸ノ内線の初代車両です。
丸ノ内線というとこの赤い車両を連想される方も多いのではないでしょうか

IMG_9970.jpg

IMG_9973.jpg

IMG_9975.jpg

現代の車両のような無機質な化粧板で装飾された車内ではない。
サーモンピンクのペンキがベタ塗りされた車内には、どこか暖か味が感じられます。
この車両には冷房が付いておらず、トンネル内を冷房で冷やし窓を開けることによって冷気を取り込むという「トンネル冷房」という方式が採られていました

IMG_9967.jpg

千代田線6000系
シミュレーター用に作られたモックアップです。

IMG_9966.jpg

シミュレーターは千代田線のほかにも、銀座線、有楽町線、東西線がありました。
運転方法は係の方が丁寧に教えてくださいますよ

このあと有楽町線のシミュレーターを体験しましたが、各駅でオーバーランしまくり



posted by こまち at 15:45| 神奈川 | Comment(0) | 鉄道ネタ | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

東急東京メトロパスで行く東京の旅 【横浜→日本橋】

東急東京メトロパスというフリー切符が東急電鉄より発売されています。

IMG_9926.jpg

http://www.tokyu.co.jp/railway/ticket/types/value_ticket/tokyutokyometro_pass.html

東京メトロ接続駅までの往復乗車券と、東京メトロ全線が乗り降り自由になる切符がセットになっています。
町のお宿 静浜の最寄りである横浜駅からだと大人910円です。

例えば、横浜から東急東横線の東京メトロ副都心線直通電車に乗って池袋へ行くとします
普通に往復すると924円(IC乗車券の場合)ですから、東急東京メトロパスを利用した方がお得というわけです。
しかも東京メトロは乗り降り自由ですから、渋谷や新宿で途中下車することもできます

IMG_9925.JPG

東急東京メトロパスは、東急横浜駅の自動券売機で購入できます。
Suica、PASMOなどの交通系電子マネーでの購入も


まずは、横浜駅から渋谷駅経由、東京メトロ銀座線で日本橋駅へ向かいます

IMG_9933.jpg

日本橋と言えば、洋食の老舗たいめいけん
https://www.taimeiken.co.jp/

名物のオムライスを召し上がっている方がたくさんいらっしゃいますが

IMG_9931.jpg

ここはラーメン

わざわざ洋食屋に行ってラーメンかよw

と笑うことなかれ。
たいめいけんさんはもともと中華料理も提供していたので、古くから伝わる看板メニューなのですよ

最近のラーメンはスープの主張が強かったり、具材に凝っていたり、とかく
個性的なものが流行していますが、こんなご時世だからこそ、シンプルな中華そばが嬉しいです

IMG_9930.jpg

料理を注文すると、それぞれ50円で提供されるコールスローとボルシチ


ラーメン:750円
コールスロー:50円
ボルシチ:50円
----------------
合計:850円

東京都心のど真ん中にある老舗レストランでこれだけ食べて、1000円でお釣りが150円も帰ってくるというのはなかなかすごいことですぞ
(コールスローとボルシチだけというケチな注文はですので念のため)

IMG_9934.jpg

ラーメンなどの麺類とカレーライスだけなら、平日限定の立ち食いコーナーもあります。





posted by こまち at 15:50| 神奈川 ☀| Comment(0) | 横浜のグルメ | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

小机城址と崎陽軒横浜工場

小机城
12世紀以降、当時関東一帯を支配していた上杉氏によって建てられたのではないかと言われています。

IMG_9904.jpg

当時の建物が残っているわけではありませんが、城跡は市民の森として整備され、自由に散策することができます。
<小机城址市民の森>
http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/green/shiminnomori/shimin-kozukue.html

町のお宿静浜の最寄りである横浜駅からは、横浜線直通電車に乗って小机駅まで15分くらい
横浜F・マリノスのホームグラウンドである日産スタジアムの最寄り駅でもあります。

IMG_9905.jpg

小机駅から歩くこと約10分
住宅地の真ん中に入り口があります。
ちょっとわかりにくいので、案内表示に従って進んでいきましょう。

IMG_9908.jpg

一歩中に入れば、孟宗竹の生える竹林が広がっています。

IMG_9910.jpg

空堀
外部から敵の侵入を阻むため、城の周りを掘り下げたもの。
水を張らない状態で使われていました。

IMG_9914.jpg

この日は地元団体の手によって竹林の整備が行われていました。
本丸跡と二の丸跡は広場となっており、ピクニックを楽しむ家族連れなどもたくさんおられました

IMG_9918.jpg

小机城址を出て鶴見川の方にしばらく行くと、シウマイで有名な崎陽軒の横浜工場があります。

IMG_9920.jpg

横浜駅弁であるシウマイ弁当もここで作られています。
事前に予約をすれば工場見学ができますが、大人気につき3か月待ちとのこと
<崎陽軒の工場見学>
http://www.kiyoken.com/factory/index.html

IMG_9919.jpg

列車内を模したボックスシートが設けられています。
工場に併設されたプチミュージアムショップで買ったシウマイ弁当
ここでいただくことにしましょう。
あつあつのシウマイや中華まんじゅうもありますよ

IMG_9922.jpg

流れる車窓と振動がないのがちょいと妙な気分ですが、駅弁を食べながらの電車旅に出たくなりました

IMG_9916.jpg

すぐ近くには、開通したばかりのきたせん(首都高速横浜北線)が通っています。

現在は第三京浜の港北ICに接続するだけですが、将来はさらに西へと進み東名高速道路の横浜青葉ICにつながる予定です
<ほくせいせん(横浜環状北西線)>
http://www.shutoko.jp/ss/hokusei-sen/

IMG_9917.jpg

港北ICとの接続部には、ほくせいせん用の分岐が準備工事されています。
開通が楽しみです



posted by こまち at 16:51| 神奈川 ☁| Comment(0) | 横浜の歴史 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。